ブログ

矯正セミナーに参加してきました!

ブログ

少し前の事になりますが、大阪で開催された床矯正研究会の基本セミナーにスタッフ2人で参加をしてきました!

これまでのブログにもありますが、まるめデンタルクリニックでは取り外しのできる装置“床装置”を入れ、顎を広げ、歯を並べるスペースを作る“床矯正”を行っています。
歯並びをきれいにする為には、歯をすべて並べた長さと、顎の広さのバランスがとれている事が大切です。
矯正治療は何歳からでも出来ますが、床装置を入れ 顎の大きさを広げ 歯が並ぶためのスペースを作る事が出来るのは、子供の顎の成長期を利用し、顎の成長を促すことが出来る ある一定の時期だけです!
叢生(歯並びがガタガタしている事)の重度の方は残念ながら抜歯になるケースもあるのですが、なるべくその可能性を少なくするために、適切な矯正開始時期を逃さないようにまるめデンタルクリニックでは患者さんへの声掛けを大切にしています。

ブログ

今回のセミナーでは その床装置を使用した基本的な治療の流れや、調整方法のテクニック、破損時の対処法、患者さんへの対処法やモチベーションを上げる方法など様々な事を学んできました。勉強になりました!

またもうひとつ。
歯がきれいに並ぶためには歯を並べた長さと顎の広さのバランスはもちろんですが、口の周りの筋肉の力と舌で押す力、外からかかる力と中からかかる力のバランスが取れている事も大切なんです!
口が常にぽかんと開いている、舌位置がおかしい、指吸や爪噛みをしているなどの悪習癖にがあると このバランスが崩れてしまい、せっかく矯正治療をして歯並びがきれいになっても、また元の歯並びに戻ってしまいます。

自分の体の正しい機能によって自分の歯をきれいに並べる、悪い癖を治すためのトレーニングを“バイオセラピー”といいます。このバイオセラピーについても、今回詳しく学んで来ました。

そういえば私の娘も、生後三か月からの指しゃぶりにより一方から強い力がかかり続け、歯を噛み合わせても、前歯にぽかんと隙間が空いてしまっている状態でしたが、6歳のころに指しゃぶりを一切やめ、全ての歯が永久歯に生え変わった6年生の現在では、この隙間が全くなくなりました。
悪習癖が歯並びに及ぼす影響はこれほどなんだと痛感した経験があります。

どのような悪習癖が原因でどのような歯並びになってしまうのか、またその場合にはどのようなトレーニングが必要なのか。トレーニングは道具を必要とするものもあれば、道具がなくてもいつでもどこでも出来るトレーニングもあります。
トレーニングの方法や道具の使い方など、ひとつひとつの症例ごとに詳しく説明をして頂きました!

ただ大切だと感じたことは、トレーニングをすること、だけではありません。。
悪習癖は無意識にしている事が多く、治す事は簡単ではなく、またトレーニングも継続して続けなければ効果を得られません。
そのためにトレーニングをする本人がモチベーションを持って続けられるように、トレーニングを無理なく続けられるように、私たちがアドバイスやポイントを伝え、また周りの家族がトレーニングが習慣化しやすい環境を作ってあげる事、それが実はすごく大切なんだなと感じました。

セミナーで学んだ事はレポートのまとめ、院内全員で共有しました!
その大切さを患者様にしっかり伝えていけるようにしたいです。
虫歯のない、きれいな歯並びの笑顔が、丹後にもっともっと増えますように☆

  カテゴリ:スタッフブログ