入れ歯・義歯 Denture

スタッフからの入れ歯のおすすめ

歯周病やむし歯で大切な歯を抜いた後、
「今の状態でも噛めるから…」
「入れ歯ってなんだか大変そうだから嫌だな…」
そんな風に思っている方も多いと思います。

しかし、歯を失ったままの状態にしておくと、かみ合わせのバランスが崩れ、今残っている歯の寿命まで縮めてしまいます。

共働きの家庭で、おじいちゃんに幼いころ面倒を見てもらって大きくなった先生は、小学校の文集で「将来は歯医者になっておじいちゃんに入れ歯を作ってあげたい」と書かれたそうです。
その後先生は、その想いを忘れずに老人ホームなどで訪問歯科治療等に携わり、たくさんの義歯を作製してこられました。

今まで入れ歯を入れたことがない方、また、使っている義歯に痛みがあり、噛みにくい方、まずはご相談ください。

保険の義歯はもちろん、やわらかい入れ歯、金属の入れ歯、かけがねのない入れ歯、磁石の入れ歯など、保険外の入れ歯の種類も多数ご用意しています。

 

入れ歯作りのこだわり
-コピーデンチャーによる型取り・噛み合わせ取り-

自分の歯が1本も残っていない「総入れ歯」の方で、もともと入れ歯を使用されている方が新しく入れ歯を作る際には、「コピーデンチャー」を作製し、型取りや噛み合わせ取りに使用します。

コピーデンチャーを使用することでより精密な型取りが可能になり、また噛み合わせの高さも再現しやすくなります。

今使っている入れ歯 コピーデンチャーを作製

 

入れ歯の種類

保険の入れ歯

比較的安価で修理もしやすいものですが、入れ歯に厚みを持たせる必要があったり、また部分入れ歯は自分の歯に金属のかけ金がかかります。

総入れ歯 部分入れ歯

 

バルプラスト

かけ金のない入れ歯です。弾力性のある素材でできており、また保険の入れ歯よりも薄くて軽いので、快適な付け心地です。

金属床

入れ歯の床の部分が金属でできています。保険の入れ歯よりも薄いため、違和感が少なく、変形しにくく丈夫です。

バイオシリコン

入れ歯の内面にやわらかいシリコン樹脂が張りつけられています。フィットがよく、痛みや入れ歯のがたつきを解消してくれます。

マグネット

残っている自分の歯と入れ歯、双方に磁石を装着し、磁石の力で入れ歯をしっかりと吸着させます。