ブログ

糖尿病と歯周病

糖尿病と歯周病は、深い関わりを持っていることをご存じですか?

糖尿病の治療は、薬剤の治療とカロリー制限、適度な運動が大切ですが、そこにもう一つ加えて頂きたいのが、歯周病の治療です。
歯周病が進行すると、血糖値を下げるインスリンの働きが悪くなり、血糖のコントロールがうまくいかなることがあるからです。

そして糖尿病が悪くなると、歯周病が進行してしまうという負のスパイラルに陥ります。糖尿病を適切に管理するためには、患者さん自らによる自己管理が最も重要となりますが、そのためには、さまざまな医療スタッフによる療養支援が必須です。

そこで、まるめデンタルクリニックでは、院長と衛生士主任が日本糖尿病協会より京都府糖尿病療養指導士の認定を受け、歯科の観点から糖尿病の治療のお手伝いを行っていきます。

糖尿病で歯周コントロールができている場合 糖尿病が悪化し、
歯周コントロールもできていない場合
diabetes_01 diabetes_02

diabetes_03

この負のスパイラルに陥らないために、または断ち切るために、糖尿病と歯周病の関わりについての知識を患者さんに知ってもらって、少しでも症状が改善するように協力させて頂きたいと思っています。

  カテゴリ:スタッフブログ