糖尿病と歯周病

糖尿病と歯周病の深~い関係 Diabetes and Gum Disease

近年、歯周病は全身疾患と深く関係していることが分かって来ました。
糖尿病もその一つで、糖尿病を患うと歯周病になりやすい、また歯周病になると血糖コントロールが悪くなり、糖尿病が悪化します。

歯周病がなぜ糖尿病と関係あるの?

出血や膿を出している歯周ポケット内には手のひらの大きさと同じ面積程度の汚れ(菌)が溜まってきます。この菌が血液にのって体全体に回り、血糖値を下げるインスリンを効きにくくします(インスリン抵抗性)。

歯周病の炎症の原因となっている歯石や歯垢を取り除くことで、歯肉の炎症をコントロールすればインスリン抵抗性が改善し、血糖コントロールも改善します。 当然、患者さん自身の歯磨きによるプラークコントロール(セルフケア)は重要ですが、これと同時に歯科医院での定期的なプラークコントロール(プロフェッショナルケア)を受けることが大切です。

糖尿病と歯周病

まるめデンタルクリニックには、京都府糖尿病療養指導士が院長含め2名います。

糖尿病療養指導士とは、
糖尿病治療に最も大切な自己管理(療養)・セルフケアを患者さんに指導・支援する医療スタッフです。

糖尿病療養指導士

現在、定期メンテナンスで通院されている糖尿病の方、またそうでない方も、自分のお口にあったセルフケアの方法を糖尿病療養指導士がご指導・サポートいたします。

まるめデンタルクリニックは、お口の健康から身体の健康を守るため、病気になってからではなく、病気にならないための予防を大切にしています。

糖尿病と歯周病のことで相談がしたいと思われる方は、
0772-46-0245へ、ご連絡・予約をしてください。
その際は、糖尿病のことでとお伝えください。