ブログ

新人さん3人にインタビューをしました!

Q. まるめDCに入社したきっかけは、なんですか?

安久さん

私は、就職で悩んでいる時、地元に帰りたい思いがありましたが、市内の方が条件よく働けるのかなとずっと就職をどこでしようかと迷っていました。
元々、初めての社会人だし何事も入ってみたいと分からないからまずは雇用条件や福利厚生を見て決めよう、と考えていました。そして、まるめDCをホームページやインスタ、見学、いろいろなとこで知っていく度に、ここで衛生士としての土台を築きたい!と思ったのがまるめDCに入社したきっかけです。

関野さん

私がまるめDCに入社したきっかけはインスタグラムです。
結婚を機に地元から離れ、こちら方面でDA募集の医院を探している時、まるめDCのインスタグラムのアカウントを見つけました。
そこには仕事と家庭の両立をし、学びの時間を設け、日々向上心を持って仕事をしておられるキラキラとしたスタッフの皆さんが写っていました。
私は以前、DAとして3年間勤務していました。DAの仕事が好きで、続けていきたい!と考えていた私ですが前医院は帰宅時間が遅く、毎日20時過ぎに帰宅。それでは家庭との両立が難しいと判断し、DAとして更なるスキルアップを目指したいし、早く帰宅をして家庭も大切にしたい。それがまるめDCに入社したいと思ったきっかけです。

由利さん

まだまだ完全ではないですが、子供達も大きくなり少しずつではあるけど手が離れてきだしたなぁと思っていたのと、以前歯科で働いていた時に沢山の患者さんからありがとうと言ってもらえ、離れた今でも出会うと必ず声をかけてくださる方があり、それがすごく嬉しくて、色んな仕事がある中で人との関わりが直に感じられる素敵な仕事にもう一度携わりたいと言う思いが一緒だった時に、実家の母から求人広告を渡してもらったのがきっかけです。
新しい所へ行くのは緊張もするけど、それ以上にチャレンジしてみようと思えました。その中で以前一緒に働いていた中川さんも、まるめDCで働いているのを知り、とても心強い存在です。

Q. 実際に入社してみると…?

安久さん

入社してからは、同期の卒業生達よりも教えていただいていることや、実践していることがとても多く感じます。それは、朝や診療時間に毎日の学びがあり、それを段階を踏みながら挑戦できる場があるからだと思っています。
1人に対して1人と指導者、衛生士としてのキャリアが豊富な先輩の存在があり、分からないことは分からない、やってみたいことはやってみたいと言える環境があるので、社会人とスタートをここでできてよかったと感じています。

関野さん

まるめDCには、学びの時間 働く時間というのがあります。
他のスタッフが働いてくれている間、学びの時間を頂けて、自分が働いている間に、他のスタッフも学びの時間を得ることができます。入社して3ヶ月目。毎日覚えることは沢山ありますが、学びの時間があることで1つ1つの 分からない を教えてもらい解決することが出来ます。
また、平日には18時15分 土曜日には17時15分終業なので、家庭との両立も出来、仕事も主婦としても頑張りたい!どちらも叶えて貰える素敵な会社だと実感しました。

由利さん

働く場所が変われば、それぞれに覚えることは沢山ありますが、以前一緒に働いていたDAの先輩が「やることは同じでも毎日が勉強だ」と言われたのがすごく残っています。
まるめで働く先輩方も、働き学ぶ姿勢が前向きですごく丁寧に指導してもらえます。同じ仕事でもやり方だったりは違うので、毎日刺激を受けますが学べる環境が整っています。

Q. 私が思うまるめDCのいいところを教えてください

安久さん

また、まるめDCのいいところは、福利厚生や有休制度が利用でき、会社としての方針やルールがしっかりとあり、会社をよくするために話し合いや意見を言う場があることです。そして、みんなが会社のために、患者さんのために、スタッフのためにと考えられることです。
そんな先生や、先輩、同期の方は、私の失敗を責めずに、それを活かせるようにと前向きな声かけや、練習に付き合ってくださるので私は何度も救われています。私も早くいろいろな視点から医院を見られる人になりたいです。

関野さん

福利厚生がとても手厚く、働くスタッフとその家族をとても大切にしてくださる歯科医院だと思います。また患者様に対しても、治療の説明にて動画や書面を用い、しっかりと治療内容を理解していただいたうえで治療を開始するなど、安心・安全・良質な医療を提供できている医院だと感じます。
一つ目に挙げた福利厚生を利用させて頂くにあたって教えて頂いたルールで、利用する→働いて恩返しをする→次のスタッフも使えるように蓄える というものがあります。
使うだけではなく、使ったら頑張って成果を上げて会社に恩返しできるようにする。具体例としては、育休・産休をこれから頂くとして、復帰したら次のスタッフが安心して休暇が取れる様、成果を上げるために私ができる事を増やす。その人が休んでもカバーできるよう、日々成長していきます。

由利さん

スタッフ同士の助け合い・フォローであったり、わからないことを丁寧に教えてもらえる環境が整っている。
日々どうしたらよくなるかを自分達で考え、ミーティング等の時間で学び実行に移せるチーム力の高さ。

新人さん3人にインタビューをしました!

  カテゴリ:スタッフブログ