ブログ

キラキラ奮闘記 後輩から先輩へインタビュー / 太下&山口

ブログ

太下「山口さんは、私の衛生士業務の指導担当してくれていて、私も山口さんからたくさん教わってきましたが、教える時に心掛けていることはありますか?」

山口「まずは実際に患者さんの立場に立って考えられるように、それぞれ患者さんになって体験し、良かったこと・こうしたらもっと良くなることを伝えています
他にも、質問を受けたら学びの時間をとり、できないことは繰り返し練習し、できるようになるまでサポートするようにしています。」

ブログ

太下「そうですね。私も、山口さんの患者さんとして体験させてもらった時は、自分とのやり方の違いや、こういう時はこうすればいいんだ!という発見があり、それだけでもすごく勉強になりました。
最初の頃は、診療後、私が箇条書きにしてきた分からないことについて一つ一つ根気強く教えてくれましたよね。
患者様への説明の仕方も、山口さんが患者様役になって練習させてもらい、協調するポイントや表現の仕方などを教わりました。タイマーをかけて時間配分を考えながら、実際の診療ですぐに活かせるようにシミュレーションをさせてもらったりしました。
技術面でも、私が困った時はすぐにサポートしてくれる体制をとってくれて、心強かったです。」

太下「山口さんがまるめDCの学びの体制でいいなと思うところはどこですか?」

ブログ

山口「学びの内容にもよりますが、必要な時は診療時間を調整して時間を確保してくれたり、全体の協力が必要な時はしっかりプランを共有し、みんなで協力体制を作ってくれるところです。
学びたい!やりたい!気持ちを応援・協力してくれるので、朝の診療前に学べたり、セミナーに参加することもできます
糖尿病療養指導士のセミナーも、診療を半日お休みさせていただいて参加させていただきました。そのおかげで、無事、認定更新ができました。」

太下「私も、矯正のセミナーに参加させていただいたり、山口さんからは電動歯ブラシや歯磨剤についてのセミナーに誘ってもらって参加させていただいたこともありましたね。」

太下「ベテランな山口さんですが、今でもいろんなことを学び続けておられてすごいなと思います。山口さん自身は、どんなふうに新しいことに取り組んでいますか?」

山口「新しいことに取り組む時は、まずはやってみる、挑戦してみる、できなければ何度も繰り返しやることを心掛けています。失敗をして学ぶことができるので、失敗を恐れずに常にチャレンジする気持ちを忘れないようにしています。」

太下「山口さんは私にも、失敗を恐れていたら何も前に進まない、まずはやってみてできなければできるようになるまで練習したらいいと言ってくれましたよね。
山口さんの言われるように、チャレンジすることを忘れず、一段一段階段を上っていけるようにがんばりますので、これからもよろしくお願いします。」

ブログ

  カテゴリ:スタッフブログ