ブログ

MFTセミナーを開催してもらいました

まるめデンタルクリニックには歯列矯正を頑張ってくれている子供さんたちがたくさん通院してくれています。歯並びをよくしたくてみんなとても頑張ってくれているのですがそもそも歯並びが悪くなる原因ってご存じですか??

歯並びが悪くなる原因は主に2つです。1つは先天的要因つまり遺伝的要素です。
ある意味仕方ないですよね…親子だし家族なんだからどうしたって似ます。私の子供も私に似て歯並びは悪かったです。

もう一つは後天的要因です。幼少期の生活習慣や悪習癖が大きな影響を与えることがあります。
指しゃぶりや舌が常に前に出ている癖のある子は前突(いわゆる出っ歯)や開口(前歯がかみ合わない)などを引き起こしますし、口呼吸の子は口周りの筋肉が緩み口が閉じれなくていつも開いたままになることで歯並びは前歯が前に出たり口腔内の乾燥が起こり唾液の低下により虫歯になりやすくなったり前歯に着色が付きやすくなったりしますし顔面の筋肉や骨格、咬み合わせに悪影響を及ぼします。

ずっと開いたままのお口は何となく格好悪いですよね…口腔筋機能療法(MFT)は、こうした後天的な筋肉の不調和を舌や口唇、頬などの口腔顔面筋のトレーニングをとおして整えていく療法です。咀嚼時、嚥下時、発音時、安静時の舌や唇の位置の改善、および呼吸をはじめとした口腔機能の改善効果が期待できます。

矯正をせっかく頑張って終了したのに後戻りしてしまったり矯正を何年もやっているのにうまくいかなかったりするのは 舌や唇の位置や悪習癖が原因のことが多いのです。

私たちは矯正を頑張ってくれた子供たちが本当の意味で一生の歯並びを手に入れるためにはMFTが必要だ!!と考えています。そのために口腔筋機能療法士の資格をお持ちで現在も歯科医院で勤務しながら全国にMFTの大切さを伝えるべくセミナー講師もされている衛生士の堀川さんにきて頂き2日間指導して頂きました。

舌の動きを正しい位置にするくらい大したことない!私たちにできないことない!なんて思っていたら最初に堀川さんが言われました「きっと今日は筋肉痛になりますよ!みんな大変だと思うけど頑張ってね♡」満面の笑みでした(笑)

実際 やり始めてすぐあちこちのスタッフから
「舌が痛い( ;∀;)」
「筋が痛い( 一一)」
「できない!!」
「首の周りが痛い」
私も めちゃめちゃ痛くて筋肉痛になってしまいました…
それだけ普段正しい嚥下や舌や唇の位置にないってことですよね…

MFTで改善すると歯並びへの影響も大きいですがそれ以外にも食べる仕草がきれいになる、口角が上がってスマイルがもっと素敵になる姿勢がきれいになる、虫歯リスクが減る、など、など、いいこといっぱい!!

私たちが学んだことを堀川さんが教えてくださったようにこの地域のみなさんに伝えていけるように院内学習を続けていきます。とてもいい時間をありがとうございました。

  カテゴリ:スタッフブログ