歯のかぶせもの・つめもの Crown / Inlay

歯のかぶせは、むし歯の治療などの後に自分の歯の上にかぶせる人工の歯のことです。
むし歯の大きさによっては自分の歯をすべて削るのではなく、一部的に詰め物をする方法もあります。

保険のかぶせ・自費のかぶせの違い

保険のかぶせは第一に強度を重視して作られており、使用できる材料は限られています。

一方自費のかぶせ歯は、見た目の美しさを追求したものであり、様々な種類があります。

保険のかぶせ・詰め物

前歯のかぶせ 奥歯のかぶせ 奥歯の詰め物
表面はプラスチック、内面は金属です。
患者さんの歯の色に合わせて作製しますが、時間がたつと変色します。
前から4番目以降のかぶせは基本的には銀のかぶせになります。強度はありますが見た目が気になります。
近年保険でも 白い歯を入れることができるようになりましたが、細かい条件などありますので医院にてご相談ください。
一部的な銀の詰め物です。
神経を残してむし歯を治療する際に使用されます。

 

自費のかぶせ・詰め物

オールセラミック

全てがセラミック(陶器)でできたかぶせものです。
透明感があり美しく、天然歯に近い色を再現できます。
長年使用しても変色しません。
また、金属を使用していない為、歯茎の黒ずみや金属アレルギーの心配がありません。
前歯に適しています。

メタルボンド

内面に金属を使用し、表面にセラミック(陶器)を焼け付けたかぶせものです。
金属の丈夫さとセラミックの美しさを兼ね備えています。
長年使用しても変色しません。
前歯・奥歯に適しています。

ハイブリッド

内面に金属を使用し、表面にセラミック(陶器)・プラスチックを配合させた素材を焼き付けたかぶせものです。
オールセラミックやメタルボンドより費用は抑えられますが、長年の使用で多少は変色します。
前歯・奥歯に適しています。

ハイブリッドインレー

セラミック(陶器)・プラスチックを配合させた素材で作られた詰め物です。
金属の詰め物とは違い、自分の歯になじむので、治療したことを気づかれません。
奥歯のむし歯治療で使用します。