まるめデンタルクリニックの取組み Hospitality

説明と同意を踏まえ治療

私たちは、患者さんから「喜ばれる治療」「ありがとうと言われる治療」を大切に、説明と同意のもと、患者さんと二人三脚の治療を行っています。

治療に対して理解し同意するということは医療行為においてはなかなか難しいものです。そこで、患者さんに何をしているのか、今日の治療内容や今後行う治療を映像やツールを使用し、丁寧にできるだけわかりやすく説明しています。

さらに詳しく見る

 

滅菌処理を徹底しています

当医院では以下のような感染予防策を日常的に行っております。

  • 歯を削る機器は、患者様一人ひとり交換し滅菌しています。そのために削る器具は25本あります。
  • 滅菌できないものはディスポ(使い捨て)を使用しています。
  • 滅菌する機械は故障等のアクシデントに備え、また滅菌の効率性を上げるために2台常設しています。

さらに詳しく見る

 

治療中は託児ができます

治療中は託児ができます

小さなお子さんを子育て中のお母さんは、家族に子供を預けないと治療に通院するのも大変ですよね。

私たちはほとんどが働く母親です。なのでそのお気持ちはよくわかります。でもお父さんは、仕事、おじいちゃんやおばあちゃんもいつも預かってもらえるとは限りません。頼れる人がいない場合もありますよね。でも歯の治療も延び延びになると、取り返しのつかないむし歯になったり、治療もうまく進みません。

そんなときは私たちの医院へ相談ください!育児サポートスタッフが治療の間、赤ちゃんをお預かりします。もちろん子育て経験豊富なスタッフが責任をもってお預かりいたしますので、安心して治療を受けてください。

※ 要予約です。利用可能時間は【水曜日・木曜日・金曜日】

【午後12時から13時の間】の予約の方です。

 

バリアフリーに努めます

まるめデンタルクリニックは北部医療センター(通称、与謝の海病院)の前の通り沿いにあります。
入院中の患者様が来院されたり、車いすでの移動が必要な患者様が来院されたとき、院内の移動が困難な場合に備えて、車いすとスロープを設置しています。

使用が必要な場合は、スタッフまでお声かけをお願いいたします。

 

労災保険指定診療所

仕事中に起こった転倒や衝突などの事故で、「歯がかけた」「歯が折れた」場合など、労災保険を利用して歯科治療を受けることができます。

利用を希望される方は治療の前に受付でお声掛けください。

 

教職員退職互助組合の特定指定病院です

教職員互助組合は、一般社団法人京都府教職員互助組合が運営している組織で、教職員とその家族の生活の安定と、福祉の増進を図り、京都府教育文化の向上発展に寄与することを目的としています。

利用を希望される方は治療の前に保険証と一緒に部員証をご提示ください。

 

AED

自動体外式除細動器を設置し、万が一に備えています。スタッフも定期的に訓練しております。

 

アレルギー対策

昨今、アレルギー問題はものすごく身近な問題です。すべての薬剤においてアレルギーを予め検査しておくことも難しいですし、突然発症するケースもあります。

万が一に備えて当院では、アナフィラキシー補助治療剤 「エピペン」を準備しております。突然のショックを起こした場合でも出来る限りの対応を心掛けています。