小児歯科 Pedodontics

むし歯がなくてもまずは受診!

まるめデンタルクリニックでは、子供たちの「はじめての歯医者さん」になりたいと思っています。むし歯がなくても、3歳になったらまずは受診してください。

むし歯ができてから歯医者に来るのでは、「歯医者=こわいところ」というイメージを抱いてしまいます。小さな頃から歯医者さんと仲良くなって、むし歯にならない子供に育てていきましょう!

むし歯になってしまっても、まずは練習をしてから治療に入ります。
また先生やスタッフとのコミュニケーションを大切にするため、3歳から母子分離を行っています。

※痛みなど治療の緊急性を要する場合は、抑制下で治療を行うことや、当院では対応ができない場合は、口腔外科へ紹介させて頂くことがあります。

むし歯予防

幼児期に歯科医院との良い関係を確立することは、子供たちが虫歯で苦労せず一生自分の歯で過ごしていく基本です。
出来てしまった虫歯はしっかり治療し、そのあとは虫歯になりにくい環境にすることが大切です。

フッ素塗布

フッ素は、食べ物にも含まれている自然元素の一種です。虫歯菌の出す酸に負けない強い歯質を作る力にとても優れています。

歯の清掃後、リンゴ味のフッ素ジェルを歯全体に塗ります。歯の色が変わったりすることはありません。

フッ素はくり返し塗布していくことが必要ですが、市販にはない高濃度のフッ素剤を使用しているので、基本的に6ヶ月に1度の定期健診の時に塗布していかれることをお勧めしています。

シーラント(保険適応)

シーラントは、奥歯の噛み合う面の細かく深い溝に、歯を削らずに掃除をして薬を流し込み、汚れや細菌が付着するのを防ぎます。つまり、虫歯になる前にしかできない処置なのです。

乳歯は3歳から4歳で生え揃います。また、6歳前後で6才臼歯という永久歯が乳歯列の奥に生えてきます。それぞれの奥歯が生えきったらできるだけ早く処置するのが理想です。

ポイント

「歯医者は虫歯になったら行くところ」 そんな時代は終わりました。一度虫歯になったら、治療しても無かったことには絶対になりません!大人でも苦手な虫歯の治療を子供に体験させるのは、辛いものです。子供の頃に虫歯になりにくい環境をつくっておけば、大人になっても持続することが出来ます。

 

むし歯について

虫歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません

むし歯とは、ミュータンス菌などのむし歯病原菌が口の中の糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯の表面が溶かされる病気です。覚えておかなければならないのが、虫歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。そのため、むし歯になってしまったら、病原菌に侵された部分を取り除いたり、溶けた部分を詰めたり、かぶせ物をしたりして治療します。

むし歯の段階と治療法

むし歯の段にはその症状の段階(C1~C4)があり、それらにより治療法が異なります。

C1:エナメル質内の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。

痛みがなく、ついつい放っておきがちです。

虫歯の部分だけを削除して、合成樹脂(レジン)を充填します。

C2:象牙質に達した虫歯

虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。

象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、むし歯の進みかたが速くなります。

C1と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

C3:歯髄(神経)に達した虫歯

虫歯が象牙質の内側の歯髄に達したものです。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。

歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。

また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。症例によっては、特殊な抗生物質を用いて歯髄を保存する処置を行う場合もあります。

C4:歯質が失われた虫歯

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。

C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。

抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。