歯周病 Periodontics

はじめに

歯周病

「もっと早く来ておけばよかった」
歯周病で歯を失ってこんな言葉を言われる方がたくさんおられます。

そうですね、もっと早くお会いできれば歯を抜かなくてもよかったのにと、私たちも思います。

一昔前までは「歯医者は歯が痛くならないと行かない」というのが大半でした。でも今は違います。

歯が痛くなくても定期的に歯の掃除、お口のメンテナンスに来られる方が増えてきています。

まるめデンタルクリニックでも、定期的な歯のお掃除(クリーニング)、歯茎のメンテナンスを年に3、4回受けられることをおすすめしております。

担当の歯科衛生士がお一人おひとりお口の状態に合わせて経過を観察しながら、最良のメンテナンスを行います。

勿論、痛くなく、気持ちよく(思わず眠ってしまいそうな)リラックスしてお掃除を受けていただけるよう心がけています。

どうぞお気軽に歯周病の相談にお越しください。皆様の歯周病治療のお手伝いをさせていただき、一緒にお口の健康を守りましょう。

 

歯周病について

歯周病とは

歯周病とは、歯を支えている周りの組織(歯茎、骨)の病気で、歯を失う主な原因の一つでもあります。日本では、歯を失う原因の第一位です。
虫歯と違いほとんど痛みがなく気が付かない間に進行してしまいます。歯槽膿漏といわれることもあります。

歯周病になる原因

歯周病の直接的な原因はプラークです。免疫力が下がったり、プラーク中の細菌数が増えると歯周組織が破壊され、歯周病が進行していきます。また、歯石や虫歯があることでプラークがさらに付着しやすくなります。

最近では、歯周疾患は全身疾患とも関連があるといわれています。妊娠期間中に適切な歯周治療を行った場合、早産や低体重児出産の割合が減少したとの報告があることや、糖尿病患者は歯周疾患の発症率と重篤度が高いことが知られており、糖尿病など全身疾患のコントロールも含めた全身的なアプローチを行うことが重要です。

歯周病の段階

炎症状態が歯茎までのものを歯肉炎とよび、さらに進行し、歯を支えている骨まで影響が及んでいる状態を歯周炎とよびます。

歯肉炎 歯茎が健康な状態より赤く腫れあがった状態が認められ、歯磨きをすると歯茎から出血することもあります。
歯周炎 歯肉炎の状態から進行した状態で、歯茎の赤み、腫れた状態がみられます。
骨の吸収に伴い歯茎の退縮も進行します。また、重度の歯周炎では、歯がグラグラと動くようになったり、歯茎から膿がでてくることもあります。

歯周病の予防法・治療法

歯周病の原因は細菌性プラークであり、プラークやプラークの蓄積を増加させるような原因を除去することが主な治療となります。
そして、歯周病にはその状態にならないよう、予防がなによりも大切です。

セルフケア

歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスを使用し、ご自身でケアしましょう。


歯科衛生士による歯磨き指導(TBI)をします。自分に合った歯の磨き方、道具の使い方を指導します。

当院では現在2名の歯科衛生士が在籍しています。
優しくていねいにそしてしっかりとセルフケアのアドバイスを行います。

プロフェッショナルケア

ご自身では落とせないバイオフィルム(細菌の膜)を歯科衛生士が専用機器を使ってクリーニングします。バイオフィルムが除去されて歯がつるつるに仕上がり、汚れが付着しにくくなります。

 

歯周病の定期的な管理

私たちは毎日必ず食事をします。その都度お口の中の汚れ、歯周病菌に汚染されてしまいます。自宅でしかできないセルフケア歯科医院でしかできないプロフェッショナルケアのバランスがとれて初めて歯周病予防管理が成り立ちます。どちらか一方にのみ依存してもうまくいきません。
症状やライフプランに合わせて担当の歯科衛生士が患者さまお一人おひとりに合った管理方法をご提案します。
生活に密着した病気だからこそ生活に密着した定期的なメンテナンスが必要と考えています。